激太りした原因と対策法

2019年09月25日

少し太ったと感じることは多くても、激太りとなるとなにかしらの大きな原因を抱えている問題が出てきます。
現代人はまさに太りやすい環境下で、日常の生活を過ごしています。
多少の体重の変化は、誰にでもあるものですから、1kgから2kgくらいであれば、すぐにダイエットでも落とすことはできますし、それをやる人のほうが大半です。

問題は少し太ったのレベルではなく、激太りしてしまったパターンです。
大きな問題となるのは、激太りは大きなストレスが主な要因であるケースが多いということです。
ストレス社会と言われる現代ですから、その中での発散は、食欲に走るというケースもありえます。
過食をすることによって、一時的に満たされますが、すぐにストレスは戻ってきて、さらに食べてしまうのです。

激太りは健康にも良くはありませんし、対処しないとそのまま脂肪が体に固定してしまいます。
セルライトにもなりますし、痩せにくい体質へと変わっていきます。
そうならないためにも、効率的なダイエット効果を考えることです。
ダイエット以前に、ストレスが原因なので、食べる以外の形で発散してみましょう。
お風呂にゆっくりと浸かるのも良い方法であり、体を適度に動かすこともストレスの発散になります。

ストレスが軽減されることで、過剰な食欲を抑制することにもつながっていきます。
パイナップルを食べることも、ダイエット効果につながりやすくなります。
フルーツのパイナップルを、食事の時に食べるようにするだけで、ダイエット効果につながるので、やってみてもいいでしょう。

パイナップルはビタミンB1が豊富であり、これは糖質の成分をエネルギーに変換するのに必要なものです。
カリウムやクエン酸も含まれますから、ダイエットにはピッタリなのです。