• ホーム
  • 肥満治療薬ゼニカルの成分と効果

肥満治療薬ゼニカルの成分と効果

2019年05月19日
測定用メジャーと黄色のカプセル

様々なダイエットを試しているが、なかなか痩せることができないという方におすすめなのが肥満治療薬ゼニカルです。
ゼニカルは欧米で非常に人気のある肥満治療薬で、ダイエットサプリとは異なります。
そして、モデルが体型維持のために常用しているとも言われています。
製造元はスイスのホフマン・ラロッシュという大手製薬会社です。
この薬は1998年より販売されていますが、日本ではまだ認可されていない薬なので手に入れるには個人輸入をする必要があります。
ここで日本未認可ということで安全性について心配する方もいるでしょうが、この薬はアメリカの食品医薬品局(FDA)も認可していて世界17ヶ国で販売されています。
安全性が高いため、多くの人が利用しています。

ゼニカルの主成分はオーリスタットです。
これは食事中に含まれる脂肪分を胃で吸収しないように作用します。
つまり、脂肪分解酵素のリパーゼの働きを抑えることにより脂肪分を30%体外に排出します。
ゼニカルの成分オーリスタットの効果は米国の治験で実証されていて、投与された成人のほとんどが体重5~10%減を達成しています。

非常に効果がありますが、その反面、副作用も気になるでしょう。
ゼニカルの主な副作用は便意感覚の麻痺、食欲不振、黄疸、肝機能障害などです。
これらの副作用が出たら使用を中止して医師に相談した方が良いでしょう。

以上、肥満治療薬ゼニカルの成分と効果について説明しました。
ゼニカルは個人輸入をする場合、完全に自己責任となります。
海外からの輸入となると、場合によっては偽物をつかまされる可能性も高くなります。
そういうことが無いように、信頼できる個人輸入代行業者を利用すると良いでしょう。